生活習慣の改善で脳梗塞を予防|定期的な脳ドッグで守られる命

ドクター

サービスを活用すると

病院

世田谷区の内科では人工透析を必要とする方のためのサービスに力を入れています。人工透析では治療にかかる時間が長時間に及びますが、世田谷区の内科では患者の方が楽に過ごせるように書籍の充実やパソコンが使えるサービスなどを整えています。また在宅医療の紹介や送迎バスの運行などにも力を入れています。

もっと読む

ガン細胞を狙い撃つため

相談

樹状細胞療法とは、病原菌から作ったワクチンの投与と同じように、ガン抗原を与えつつ育てた樹状細胞を注入するという治療です。これにより免疫力がガン細胞を狙い撃ちするようになり、他のガン治療の必要性が下がります。ただし保険外診療となっている上、投与の回数が5〜6回なので、費用における計画が必要となります。

もっと読む

予防することは可能です

先生

三種類ある梗塞

脳梗塞の種類はアテローム性、心原性、ラクナ梗塞の三種類に分類することができます。アテローム性の梗塞は血管の壁にコレステロールが沈着してしまうことが原因で起こってきますし、心原性の梗塞は心臓が不規則に動くことによって、心臓に血栓ができてしまうことによって起こってきます。ラクナ梗塞は脳の中の太い動脈が血栓で詰まってしまうものとは違い、脳動脈から枝分かれした細い血管が血栓で詰まってしまい、脳梗塞になってしまう症状になります。病院で脳ドッグや脳内のMRIをとった時に、偶然発見されることもあります。それほどこのラクナ梗塞というのは気が付きにくい脳梗塞になっています。前触れ的な症状が出てくる人は、アテローム性の脳梗塞を発症する人より極端に少なく、もし視野が欠けたり手足がしびれるなどの症状があればすぐに病院で診断を受けるようにしてください。定期的な脳ドッグで守られる命があります。

発見されれば即予防

ラクナ梗塞は病巣が非常に小さくなっていますので、病院で偶然に発見されることも多い脳梗塞です。定期的に脳ドッグを行い脳の中の状態がどうなっているのかを見てみることが大切です。ラクナ梗塞が病院の診断で発見されれば、体質的に脳梗塞を起こしてしまう体質だということがわかります。発見された時から脳梗塞を予防していく治療が始まっていきます。一番大きな予防が血液の管理になります。血圧を安定させ血流がスムーズに流れていくような、治療が行われます。血栓ができる大きな原因に動脈硬化も大きく関係してきます。動脈硬化が進まないような食生活の改善や、生活習慣の改善も行っていくことになります。大きな動脈が詰まってしまわないよう病院で定期的にMRIを取ってもらう人も多くいます。

肺機能の不全なら

女性

肺がんは肺にできる悪性の腫瘍です。日本人のがんによる死因第一位で、その数は今も増加傾向にあります。肺がんは喫煙行為と切っても切れない関係にあり、そのリスクは非喫煙者との比較で最大二十倍とも言われています。

もっと読む

イチオシリンク

  • 医療法人輝鳳会がんのクリニック

    卵巣がんは女性ならではの病気です。子供が産めないという事態にならないように、腕のある医師を見つけて相談しておくことが重要です。
  • 世田谷区の内科・リウマチ科 上用賀世田谷通りクリニック

    辛いリウマチの症状は世田谷区の内科で診てもらうのが得策です!大病院と連携をとって治療にあたってくれるので症状が軽減しやすいです。
  • 富永病院

    日本人にも発症者が増えてきた聴神経腫瘍は、初期症状をしっかり把握していることによって早期発見に繋がることができますよ。
  • わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

    脳梗塞の原因を知ることで、発症や再発を予防することが出来ます。こちらで紹介されていますよ!ぜひご覧ください。